運動音痴で陸上にコンプレックス

靴紐

運動音痴で足が遅くて陸上が苦手な人も多いです。短距離走の場合は生まれ持った遺伝的な運動神経が大きく影響するので、小さな頃から足が速い人は中学、高校になってもそのまま足が速いことが多いです。運動音痴の人でも自分の能力の限界までは鍛える事ができるので、足が遅くて陸上が嫌いな人はコンプレックスの解消の為にトレーニングをしてみるのが良いです。

学校の体育の時間の陸上が苦手に感じるなら、毎日少しずつでもいいから走ってトレーニングをするなど運動神経を鍛える事で苦手意識がなくなります。若い頃だと足が遅い人でも鍛える事で、それなりに足は速くなるので体に負担のかからない程度に鍛えるのが良いです。

短距離走を鍛えたいなら毎日か数日おきに30mや50mのダッシュを何本か走ってみたり、自転車に多く乗る習慣を身につけるなど手軽に鍛える事ができます。長距離走も鍛えれば鍛えるほど運動能力が上がるので、自宅周辺を毎日数キロ走るなどの習慣を身につければコンプレックスが解消します。

走るのが苦手でコンプレックスを抱えている人の多くは太っている場合が多いので、体重を減らすためにも走るのは効果的で、体重が落ちる事で自分に自信が持てるようになり体力も付くので運動音痴が解消できます。