未婚のコンプレックス 両親に理解して貰えない

未婚の年齢が30代、40代と上がっていくにつれて、結婚を焦るようになりコンプレックスが増えている人は多いです。女性の場合はある程度の年齢で結婚をしないと子供が授かりにくくなるのもあり、40才前後の年齢で未婚の人は特に酷いコンプレックスを抱えている事があります。

結婚願望が全くない人はそれでも良いのですが、結婚を希望しているのに相手が見つからなくて、両親から早く結婚しろとせかされている人は、日頃からストレスが多く心労がなくなりません。両親は自分の子供がいい加減な性格で積極性がないから結婚できないと決め付けている場合もあるので、結婚願望があるのに相手が見つからない場合は、両親にきちんと説明しておくのが良いです。

本当は結婚したいのに、結婚に興味がないなどと見栄を張ると、結局は精神的に疲れてしまうので、結婚をしたいけどモテないので相手がいないと親に伝えた方が気分的に楽になります。結婚をしたいのに仕事が忙しいから今はいいとかいっている人の多くは実際には結婚願望が強いのに相手がいない事も多く、精神的にはコンプレックスになっている事もよくあります。未婚でコンプレックスが酷く感じる場合は、結婚相談所などもあるので利用してみるのも良い方法です。

独り身